Appleギフトカードをタイプ別に紹介!値段・購入方法の特徴を調査

iTunesカードの種類

Appleギフトカードは、Appleの製品やコンテンツ、iPhoneやMac、iPadの課金アプリなどに利用できる便利な金券です。こちらのページでは、

上記内容で、Appleギフトカードの種類や値段について詳しく解説していきます。

iTunesカード買取おすすめランキング Appleカード買取(itunes)優良店ランキング!即日現金化でおすすめの方法2024最新

Appleギフトカードのタイプは2種類!それぞれの特徴

Appleギフトカードと聞いて、iTunesカードを連想した人もいるはずです。

しかし、現在iTunesカード(コンテンツ購入やアプリ内課金に利用できる)は、AppleStoreカード(コンテンツやApple製品が購入できる)と統合され、Appleギフトカードに名前を変更しています。

もちろん、現在もiTunesカードはAppleギフトカードと同じように利用できるものの、購入できるのはAppleギフトカードのみになっています(2021年11月20日から日本で販売開始されました)。

このような経緯を持つAppleギフトカードですが、現在はEメールタイプとカード(コード)タイプに大別されます。

それぞれ、どのようなものなのか解説しましょう。

Appleギフトカード【Eメールタイプ】

AppleギフトカードのEメールタイプは、オンラインで購入できるAppleギフトカードです。

購入すると、指定したメールアドレスにAppleギフトカードのコードが届く仕組みで、届いた16桁のコードを使ってチャージする仕組みになっています。

オンライン上で購入できる場所は、アップルストアや大手通販サイトのamazon、楽天市場などです。
クレジットカードで購入できるので、サイトとクレジットカードそれぞれにポイントが貯まる面やすぐに購入できることから、メリットの多いタイプでもあります。

Appleギフトカード【カード(コード)タイプ】

Appleギフトカードでは、店舗で購入できるカード(コード)タイプもあります。

大手のコンビニやAppleストアの直営店といった場所だけでなく、大手のスーパー、ドラッグストア、家電量販店など購入できるお店も多いのが特徴です。実物を、ちょっとした贈り物として利用できるなどのメリットもあります。

このほか、Appleギフトカードのカード(コード)タイプは現金払いによる購入であること、レジを通さないと使えないこと、バリアブルカードのあることが特徴です。

まず、基本的にレジで現金による購入になります。コンビニ等ではnanacoなどの電子マネーでも購入できますが、基本的に購入する際は現金を用意して購入するようにしましょう。

次に、レジを通さないと使えません。まれに現物が目の前にあるのだから万引きをして入手しようと考える人がいます。そういった問題に対しても、セキュリティ対策として決済されなければ利用できないようになっています。

また、外見は未使用のAppleギフトカードなので転売を考える人もいますが、レシートなど証明できるものがないと不可能です。このように、セキュリティ面でも優れているのが特徴です。

最後に、バリアブルカードがあることです。バリアブルカードとは、自由な金額を設定できるカードのことで、Appleギフトカードの場合、500円から500,000円までの間であれば1円単位で金額を設定できます。

細かい金額で購入したい場合の利用に、便利です。

Appleギフトカードの値段について

Appleギフトカードの購入金額について、見ていきましょう。

バリアブルカードを除き、Eメールタイプ、カード(コード)タイプ共に同じ値段のものがリリースされています。

その金額は、以下4種類です。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

これらのいずれかを選択して、購入する事になります。

バリアブルカードは、高額な利用が可能です。従来までは1,500円から50,000円までだったものが、500円から500,000円まで購入できるようになり、AppleギフトカードでMac本体すら購入できるようになりました。

さらに1円単位で金額も設定できるため、製品を購入するのに必要な金額にぴったりで購入できるようになっているのが特徴です。

Appleギフトカードの購入方法

Appleギフトカードは、非常に多くの方法で購入できます。具体的には、次のような方法を利用する形になります。

このように、多くの購入方法があります。それぞれ見ていきましょう。

Apple公式サイト

まず、AppleギフトカードはAppleの公式サイトで購入できます。Eメールタイプのみの取り扱いですが、公式サイトのオンラインストアで気軽に購入できる点は、メリットといえるでしょう。

デザインが5種類から選べることや、バリアブルタイプのEメールタイプ(1,000円から500,000円)が購入できます。

ただし固定された額面については、3,000円、5,000円、10,000円の3種類のみになっている点に注意しましょう。

なお、アプリでもApple Storeがあり、こちらのアプリから公式サイトと同様にEメールタイプのAppleギフトカードを購入することができます。

アップルストア直営店

Appleギフトカードは、アップルストア直営店でカードタイプが購入できます。

アップルストアは、Appleが直接経営している公式の実店舗で、東京に5店舗、ほかに横浜、名古屋、大阪、京都、そして福岡に各1店舗あります。

これらの店舗のいずれかに直接来店して購入することで、Appleギフトカードを手に入れられますが、都市部のみに限られているので、地方に住んでいる人は他の方法で購入したほうが便利です。

App Store

iPhoneのアプリを探して、インストールできるApp StoreでもAppleギフトカードを購入することができます。

こちらはEメールタイプの購入に限られますが、Apple公式サイトと同じような種類のAppleギフトカードが購入できるようになっているのも特徴です。

コンビニ

コンビニでも、Appleギフトカードを購入できます。カードタイプでの購入になりますが、特徴として独自の電子マネーポイントが利用できることが多い、という点が挙げられます。

たとえば、セブンイレブンでは現金のほかにnanacoで購入でき、ポイントも使用可能です。ほかにファミリーマートではFami Pay、ファミマTカード、ミニストップではWAON電子マネーが利用できます。

このように、現金以外でも購入できるのがコンビニでAppleギフトカードを購入できる特徴です。

もちろん、今回紹介しなかった大手のコンビニ、たとえばローソンやデイリーヤマザキ、セイコーマートでもAppleギフトカードが購入できます。

スーパーやドラッグストアなどの小売店

スーパーやドラッグストアなどの小売店でも、Appleギフトカードが購入できます。

カードタイプのみで現金の決済しか対応していないものの、近所のスーパーやドラッグストアで販売されていることも多いので、意外に便利な購入手段といえるでしょう。

また、バリアブルタイプのカードを置いているところも多いので、細かな支払いにも利用できる点も注目です。

ドラッグストアに関しては、一部のお店でポイントが付く場合もあります。ウエルシア(ハックドラッグ含む)であれば、100円ごとに1ポイントがVポイント(旧Tポイント)で付与され、マツモトキヨシであれば100円ごとに1ポイント、独自のマツキヨポイントが付与されます。

このように、少しお得に購入できるところもあるのでチェックするのがおすすめです。

このほかの小売店として、書店やディスカウントストアなどでも購入できる場合があるので、チェックしてみましょう。

注意点として、かつてはコストコでも購入できましたが、今は購入できなくなっています。

家電量販店

家電量販店も小売店ですが、先ほど紹介した小売店とは事情が異なります。なぜなら、家電量販店では現金以外の方法でも、Appleギフトカードのカードタイプが購入できる場合があるからです。

たとえば、ヨドバシカメラであればクレジットカードでの購入や店舗によるもののiD、ICOCA、PiTaPa、QUICPay等のタッチ決済にも対応している場合があります。

また、ビックカメラに至ってはクレジットカードこそ利用できないもののデビットカード、ビックカメラの商品券、買取優待券、さらにはビック買取ポイントといった手段にも対応しています。

このように、小売店のような形で現金のみという家電量販店だけではない点を知っておきましょう。

ちなみに、それ以外の大手家電量販店でもAppleギフトカードを購入できますが、現金のみというケースがほとんどです。

ECサイト

ECサイトでは、EメールタイプのAppleギフトカードが購入できます。また、大手のECサイトの場合はカードタイプも購入できる場合があります。

さらに、ECサイトで購入する方法の特徴としてダブルポイントが得られる場合があるということです。

例えば、楽天であれば楽天のポイントと決済方法で選択したクレジットカードのポイントが、加算されます。これによって、ポイントの分だけお得に購入できる点がメリットです。

注意点として、楽天は購入時に送信日を指定できないことが挙げられます。ただ、それ以外のECサイト、たとえばamazonなどでは購入時に送信日を指定できます。

LINE

意外に知られていないのが、LINEでAppleギフトカードを購入できるということです。

LINEのアプリの「ウォレット」から購入でき、ウォレットタブ内の「マイカード」から、「Apple Gift Card 」を選択することでAppleギフトカードの購入手続きを進められます。

特徴として、バリアブルタイプのAppleギフトカードのみの取り扱いということです。また、公式サイトのように50万円までの購入はできず、500円〜5万円までの金額を1円単位で設定するコンパクトな販売額となっています。

コンビニやオンラインショップで購入したAppleギフトカードは現金化できる?

Appleギフトカードを購入したものの持て余してしまっている、あるいはAppleギフトカードをもらったけど使わないという人は、買取による現金化を考えるはずです。

結論を言えば、コンビニやオンラインショップで購入したAppleギフトカードを買取してもらって、現金化することはできます。

たとえば手軽な方法として、Appleギフトカードを使ってAppleの公式サイトから製品やアクセサリを購入し、それを買取店やフリマアプリで売って現金化するというものが挙げられます。

ただ、この方法は時間がかかったり、買取額の予想が全くつかなかったりとデメリットも少なくありません。

このような、欠点がなくスピーディに安定した現金化ができる方法として、ギフト券買取サイトの利用が挙げられます。

ギフト券買取サイトは、サイトにアクセスして申し込みを行い、身分証明とAppleギフトカードのコードを送信するだけで査定が行われ、即日で買取金をこちらが指定した口座へ振り込んでくれます。

また、買取額も目安となる買取率が公式サイトに表示され、簡易的な買取シミュレーションも用意されているため、買取額の予想もしやすいのもメリットです。

もし、Appleギフトカードをすぐ現金化したい場合は、ギフト券買取サイトを検討してみるのも良いかもしれません。

Appleギフトカードの種類や購入時の注意点

Appleギフトカードの種類や、購入時に関する注意点もあります。以下にまとめました。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。
コンビニではカードタイプのみ販売
コンビニは、便利なお店でAppleギフトカードを購入することも可能です。ただ、先ほども紹介したようにAppleギフトカードを購入できるのはカード(コード)タイプのみで、Eメールタイプのようなコードだけの購入はできません。

バリアブルタイプを取り扱っているものの、Eメールタイプは購入できないので注意しましょう。
コンビニや大手電化ショップではクレジットカード決済が不可
ヨドバシカメラなど一部の例外はあるものの、ほとんどすべてのコンビニや大手電化ショップ(家電量販店)では、クレジットカード決済でAppleギフトカードを購入することができません。

あくまで現金のみ、あるいはポイントや商品券には対応しているといった状況なので、購入方法が限定されています。その点に注意して、Appleギフトカードを購入するようにしましょう。
直営店はバリアブルタイプのみ販売
Appleギフトカードは、アップルストアの直営店でも購入できます。ただし、アップルストアではAppleギフトカードが一種類しかありません。それは、バリアブルカードです。

バリアブルタイプのみの販売で、1,000~500,000円内の購入という形を取ってます。高額な額面や細かな額面でAppleギフトカードを購入できるのは魅力ですが、こちらもあくまで現金のみの決済となるため、注意するようにしましょう。
購入サイトによってバリアブルの対応がばらばら
バリアブルカードは、Appleギフトカードのサービスでも便利なものと言えます。

もちろんネットでも購入できますが、注意点としてネットの購入場所によってAppleギフトカードのバリアブルカードの対応がばらばら、ということです。

一言で言えば、指定できる額面が違い、一覧でまとめると以下のようになります。

購入先 金額
Apple公式サイト(およびそのアプリ) 1,000~500,000円
App Store 1,500~50,000円
楽天市場 1,500~50,000円
amazon 1,000~50,000円
LINE 500~50,000円

このように、同じApple系列のApple公式サイトとApp Storeでも異なりますし、同じECサイトの楽天やamazonでも購入できる額面が異なります。さらにLINEも、それらとは一線を画す設定になっているのです。

特に上限金額については10倍の差があるので、利用する場合は注意するようにしましょう。

Appleギフトカードの種類や値段についてまとめ

今回はAppleギフトカードのタイプについて紹介し、それぞれの特徴についてまとめました。

記事でも紹介したように、実際はネットで購入できるものから店舗で購入できるものなど、様々なタイプが存在します。

さらに、金額も設定されているタイプからバリアブルと呼ばれる自由に金額が設定できるタイプがある事も、解説しました。

このように、自由な金額や様々な方法で購入できるAppleギフトカードについて、現金化するための手法についても触れたため、どのような形で現金化できるか分かったのではないでしょうか。

また、購入する際の注意点も最後にまとめたことで、より自分に合った方法でAppleギフトカードを入手できるようになったはずです。

今回紹介した内容をもとに、利用しやすい種類のAppleギフトカードをスムーズに購入しましょう。