Appleギフトカードの現金化はバレる?避ける方法とバレた際の対処法

iTunesカード買取バレる

現金化のためにアップルギフトカードを転売したことがバレるのではないか?

そういった不安から、アップルギフトカード売却に踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。
確かに現金化目的でアップルギフトカード利用することは規約により禁止されており、運営側やカード会社にバレるとペナルティを受ける可能性があるため、不安になるのも仕方のないことです。

この記事では、

などを解説していきます。

結論を先に言ってしまえば、やり方を工夫すればアップルギフトカードの現金化がバレることはほぼありません。

アップルギフトカードの現金化はバレる?

冒頭でも解説したように、アップルギフトカードを現金化したことがバレる可能性はほぼゼロといっていいでしょう。

それは、アップルギフトカード(コード)の購入者が、どのような目的で購入したか知るすべがないからです。

コードタイプの場合、ギフトコードの番号で購入者は追跡できますが、そのコードをプレゼントとして手放す場合もあり、コード番号が他者に渡っただけで現金化目的と断定することが難しいからです。

次項では、現金化目的で購入する際や換金(転売)する際に分けて解説していきます。

ギフト券買取サイトで換金した後にバレる?

ギフト券買取を行う優良店であれば、アップルギフトカードを買い取ってもらった後にバレる心配はいりません。
「優良店であれば」と記載した理由は、ギフト券買取サイトが買い取ったアップルギフトをどのように扱っているかによってバレる可能性が変わってくるからです。

というのも、買い取ったコードを同一業者がapple製品の購入などに使用していた場合、アップル側としては「このアカウントは他者が購入したコードを頻繁に使用しているな」と断定される可能性があるため、しっかりとしたノウハウと持っている買取サイトを利用すればバレる心配はいりません。
iTunesカード買取おすすめランキング Appleカード買取(itunes)優良店ランキング!即日現金化でおすすめの方法2024最新

購入時に現金化目的だとバレる?

現金化目的の場合ほとんどの方が、クレジットカードを利用してアップルギフトカードを購入すると思いますが、よほど頻繁に購入していない限りはバレる心配はないといっていいでしょう。

しかし、絶対にバレないとは言い切れません。アップルギフトカードを現金化した後よりも、購入時に注意する必要しましょう。

アップルギフトカードの現金化がバレないようにする方法

では具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか?一般的には、以下の方法が有効であると言われています。

それぞれ、見ていきましょう。

大きな金額を動かさないこと

カード会社に怪しまれないようにするには何よりも、1度に大きな金額を動かさないということが大切です。

普通に考えて、アップルギフトカードを1度に10万円分、20万円分と購入する人はほとんど存在しないでしょう。常識的な使用範囲を超えてカードを利用した場合には、現金化を疑われる可能性があります。

家賃や税金の支払いなどである程度まとまった額の現金が必要な場合であっても、1回1万円~3万円くらいを目安に、何度かに分けて現金化を行った方が良いでしょう。

それも、必要な分のアップルギフトカードをいっぺんに買うのではなく、同月内に2万円分を1回、1万円分を1回というふうに、買う時期や金額をばらけさせるのがベストです。

こうすることで、現金化を疑われるリスクは相当に低くなります。

カードを普段から使用しておくこと

現金化に使用するカードを普段から使っておくというのも大切なことです。

発行から数年間1度も利用しなかったカードをいきなり使用すると、金額によっては不正利用を疑われる可能性があります。ここでいう不正利用とは現金化のことではなく、第三者によるカード利用のことです。

詳しくは後述しますが、不正利用が疑われるケースではカード会社から電話がかかってきます。自分で利用したと言えば何も問題はないわけですが、不正利用でないとなると、今度は現金化のためにカードを使ったのではないかと疑われることになります。

カード会社に目を付けられないためにも、現金化に使用するカードは普段から少しずつ利用しておくようにしましょう。

購入頻度にも注意しよう!

1回の購入金額が低くとも、月に何度もアップルギフトカードを購入してしまうと、カード会社に怪しまれる危険性があります。購入頻度はどんなに多くても月3回くらいまでに留めておきましょう。

購入回数がそれより多くなると怪しまれる可能性がありますので、注意が必要です。

もしどうしても10万、20万くらいの現金が必要なら、VISA、master、JCBというふうに、発行元の違うクレジットカードを複数枚用意し、それぞれ現金化を行うようにしてください。

購入金額や頻度に気を付けながら、少しずつ現金化をしていきましょう。

アップルギフトカードの現金化がカード会社にバレたらどうなる?

appleギフトカードの現金は違法ではないものの、クレジットカードを現金化目的で使用していると、カード会社から電話がかかってくることがあります。しかし1回目の電話は、不正利用でないかを確かめるための電話であることが多いです。

カードを使用したのは本人で間違いないか、盗難やカード番号漏洩などの被害に遭っていないかの確認です。

1回目の電話の段階では、現金化を疑われているわけではないので、訊かれたことに答えていればOKです。

もしかすると話の流れで「何のためにアップルギフトカードを買ったのですか?」と訊かれることもあるかもしれませんが、その場合には、アプリ購入のためとか、友達へのプレゼントのためとか、適当にごまかしておけばOKです。

2回目の電話がかかってくると危ない?

問題は、2回目の電話がかかってきたときです。この段階では確実に現金化を疑われています。2回目の電話では、クレジットカードで購入したものの用途について詳しく訊かれることになります。

たとえばアップルギフトカードでアプリを購入したと答えた場合、何というアプリを購入したのか、何故わざわざアップルギフトカードで購入したのかなど、突っ込んだ質問をされる可能性があります。

うまく受け答えができないと、現金化目的でカードを使ったと判断され、利用停止処分が下されてしまうかもしれません。事前に言い訳は考えておいた方が良いでしょう。

間違っても「現金化のために使った」などと答えないようにしてください。

2回目の電話がかかってきた後はカードを使わない方がいい?

2回目の電話でうまく受け答えができればカードが停止されることはありませんが、そのカードを現金化目的で使用するのは当面控えた方が良いでしょう。

とはいえ、今まで数万円分の買い物をしていたのに、電話をした途端利用しなくなるというのではかえって怪しまれます。

電話の後も普通の買い物をするのにそのカードを使用するか、もしくは2回目の電話の際に「怪しまれるのも嫌なのでしばらくこのカードは使いません」と伝えておくと良いでしょう。

アップルギフトカード現金化は購入時に気を付ければバレない

アップルギフトカード買取がカード会社にバレることはほぼないのですが、100%絶対にないとは言い切れません。怪しまれないためにも、大きな金額は動かさない、普段からカードを利用しておくなどの工夫が必要です。

カード会社に怪しまれているなと思ったら、そのカードは当面現金化には利用せず、他社のカードを使用するようにしてください。